15660円 カフリンク メンズ アクセサリー カフスボタン - 全商品無料サイズ交換 カフリンク メンズ カフスボタン アクセサリー Black Knot Cuff Links - ジュエリー・アクセサリー メンズジュエリー・アクセサリー カフス カフリンク メンズ 大注目 アクセサリー カフスボタン - Links 全商品無料サイズ交換 Knot Black Cuff 15660円 カフリンク メンズ アクセサリー カフスボタン - 全商品無料サイズ交換 カフリンク メンズ カフスボタン アクセサリー Black Knot Cuff Links - ジュエリー・アクセサリー メンズジュエリー・アクセサリー カフス Links,Cuff,カフリンク,メンズ,カフリンク,全商品無料サイズ交換,15660円,アクセサリー,カフスボタン,-,Black,/intellected2794285.html,weblinerz.co.uk,Knot,メンズ,カフスボタン,アクセサリー,-,ジュエリー・アクセサリー , メンズジュエリー・アクセサリー , カフス カフリンク メンズ 大注目 アクセサリー カフスボタン - Links 全商品無料サイズ交換 Knot Black Cuff Links,Cuff,カフリンク,メンズ,カフリンク,全商品無料サイズ交換,15660円,アクセサリー,カフスボタン,-,Black,/intellected2794285.html,weblinerz.co.uk,Knot,メンズ,カフスボタン,アクセサリー,-,ジュエリー・アクセサリー , メンズジュエリー・アクセサリー , カフス

カフリンク メンズ 大注目 アクセサリー カフスボタン - Links 全商品無料サイズ交換 入荷予定 Knot Black Cuff

カフリンク メンズ アクセサリー カフスボタン - 全商品無料サイズ交換 カフリンク メンズ カフスボタン アクセサリー Black Knot Cuff Links -

15660円

カフリンク メンズ アクセサリー カフスボタン - 全商品無料サイズ交換 カフリンク メンズ カフスボタン アクセサリー Black Knot Cuff Links -





■ブランド
CUFFLINKS, INC. (カフリンク)

■商品名
Black Knot Cuff Links

こちらの商品は米国・ヨーロッパからお取り寄せ商品となりますので、お届けまで1週間~10日前後お時間頂いております。
各ブランド・商品・デザインによって大きな差異がある場合がございます。
あくまで平均的なサイズ表ですので、「参考」としてご利用ください。
店内全品【送料無料】です!(※沖縄・離島は別途送料3,240円がかかります)

カフリンク メンズ アクセサリー カフスボタン - 全商品無料サイズ交換 カフリンク メンズ カフスボタン アクセサリー Black Knot Cuff Links -

2019年4月にヤフーブログから引っ越しました。拘りの音楽とギター等を紹介しています。

今年リリースされた♪最新作の、スティーヴ・レイノルズ☆彡

 Steve Reynolds   See the Sun一度だけ紹介をしていたカナダのSSWですが、今年に入ってから新譜をリリースしていました。久し振りに優しい歌声を聞いて下さい。以前の紹介記事は、コチラです。  https://fc2user314.blog.fc2.com/blog-entry-2584.htmlアコースティックで穏やかなフォーキーさが特徴的でしたが、今時の切ないメロディアスさが楽しめます。まずは割と明るい目の曲から。  Falling · Steve Re...

... 続きを読む

自身のバンドとのセッション♪ドイル・ブラムホールⅡのEP盤から☆彡

    Doyle Bramhall II & Smokestack     The Welcome Sessions 2001年に初めて自身のバンドとのアルバムが発表されています。Smokestack と呼ばれるバンドとのアルバムは以前アップしていました。その作品に付いては、コチラをご覧ください。  https://fc2user314.blog.fc2.com/blog-entry-1843.htmlそして、スモークスタックとのアウトテイクだったのか、2017年に7曲入りのアナログEP盤が突然リ...

... 続きを読む

No Subject * by koko-hana
おはようございます
バラードは目を閉じると映像が浮かんでくるようで、イメージの世界が拡がっていきますね。
何故かどの曲も冬間近の今の時期にピッタリくる感覚です。
ハードなギターの音は暖炉の炎のように、メラメラとそして内側からジリジリと燃え立つような心強い暖かさですね。
ありました、DL完了♪リピートの夜になりそう。
いつもいい音楽をありがとうございます。

koko-hana さん、こんばんは。 * by SIN=KAI
気に入って頂けたみたいで、嬉しいです。

アナログのEP盤としてリリースされたみたいで、ダウンロードでしか聞けないですね。
どの曲も出来が良くて、ハードさとバラード曲のどちらも魅力を感じました♪

いよいよ12月が近づくと、華やかなイルミネーションで街が輝き出しますね。
神戸のルミナリエは、部分的な再開しか出来ない事が決定して残念です。

SIN=KAIさんこんばんは! * by shoji lemieux
どの曲もギターリフがカッコいいですね!
どこかで聴いたようなフレーズもありますが、
それにしてもカッコいい♪

特に、3曲目の最後のリズムを変拍子に変えるところなんざ
キマッテますね♪

shoji lemieux さん、こんばんは。 * by SIN=KAI
前に録音をして残っていた音源を発表した様に見えましたが、出来の良い曲が多くて驚きました。

これなら後2曲ぐらい加えれば、正規のアルバムとして出せたと思います。
何か事情が有るにしても、今まで出していなかったのは不思議ですね。

それも、アナログ盤のみでリリースしたのも、何か勿体ない気がしました。

Comment-close▲

マイルスのリズム隊と♪リバーサイドの、ケニー・ドリュー☆彡

      Kenny Drew TRIO  1956年にリバーサイドからリリースされた、ケニー・ドリューの作品は躍動感に溢れるスウィング感が堪能出来る出来の良さが有った。当時、マイルスのバックで活躍をしていた、ベースのポール・チェンバースにドラムのフィリー・ジョー・ジョーンズを従えたピアノトリオを聞いて下さい。デューク・エリントンの有名曲から。ハードバップらしい演奏ですね。  Kenny Drew Trio / Caravan...

... 続きを読む

B.Bキングとのコラボだった♪クラプトンに、ドイル・ブラムホールⅡ☆彡

       B B King & Eric Clapton     Riding with the King今月2度目のエリック・クラプトンの登場ですが、2000年のBBキングとのコラボアルバムには前日アップした、ドイル・ブラムホールⅡが絡んでいた。ドイルは余り大きくは扱われていませんが、この作品に2曲を提供しています。有名なブルース曲や、ソウル曲に挟まれて存在を感じる2曲だったと思う。まずは、B.B.キング自身の歌から。  B B King &...

... 続きを読む

No Subject * by slowhand
Claptonは崇拝するキングといっしょにコラボできて終始、上気元といった感じですね。私は特に「marry you」が好きです。いかにもギタリストが作ったという感じがします。
 Claptonも自分の関係する人が次々と他界して寂しい限りでしょうね。
 でも、こればっかりは順番だから仕方ないか・・・?

slowhand さん、こんばんは。 * by SIN=KAI
クラプトンは前からブルースマンと共演をしていましたが、このコラボには
特別な思いが有りそうですね。

憧れていて影響を受けていたのは、フレディ・キングも同じだったと思いますが。

意外と、BBキングが新しい曲に対応をしていて、流石に新しいスタイルを
創り上げたギタリストですね。

ドイル・ブラムホールⅡ * by JK4HNN/とっとりLC575
ドイル・ブラムホールⅡはクラプトンとよくコラボしていますね。
左利き用のギターにわざわざ弦を反対に張って弾いています。
右利きのギターをひっくり返して覚えたのでしょうね。
僕が以前「Sweet Home Chicago」をカバーした時、彼のソロをコピーしました。

To JK4HNN/とっとりLC575さん * by SIN=KAI
こんばんは。

近年はクラプトンのツアーで良く見かけましたが、アルバムにも参加する事が増えましたね。

バッキングでは目立つようなギターは余り見せませんが、ソロや自身のバンドでは素晴らしい
ブルースギターが聞けました。前に共演のギターリフをコピーをされていたのですね。

ブルース系のギタリストは意外と左利きで右利きのギターを使っているのを見かけましたが
アルバート・キングなも、高音の弦が上に来るのでハイポジョンでも強く弾いていました。

Comment-close▲

ブルージーでポップさが秀逸な♪デビュー作の、ドイル・ブラムホールⅡ☆彡

         Doyle Bramhall II  5年ほど前に取り上げてから、何度か記事に書いて来ましたが、今回は96年のデビューアルバムから聴いて下さい。前の記事はコチラに。  https://fc2user314.blog.fc2.com/blog-entry-2454.html  https://fc2user314.blog.fc2.com/blog-entry-2455.html  https://fc2user314.blog.fc2.com/blog-entry-1843.html初期はチャーリー・セクストンのバンドで活躍をしていましたが、後に...

... 続きを読む

強力な助っ人 * by slowhand
Claptonの「BACK HOME」というアルバムの中にドイルさん作の「piece of my heart」という曲があります。ドイルさんのデモテープをClaptonが聴いて気に入ったそうで、熱いラブソングでめちゃくちゃいい曲です。彼は左利きなのにギターの弦を張り替えてないそうですね。本当に才能豊かな人です。

slowhand さん、こんばんは。 * by SIN=KAI
B.Bキングとクラプトンが共演をしたアルバムでも、ドイルは2曲を提供していましたね。

ギターは勿論魅力的ですが、コンポーザーとしての能力も高くて惹かれる物が有ります。
黒人のブルースマンの場合は、アルバート・キングも右利きのギターをそのまま左に持ち替えて弾いていました。
細い弦が上に来るので、高音のリフが力強く聞こえる傾向が有りそうです。


SIN=KAIさんこんばんは! * by shoji lemieux
このギタリストはジミヘンと同じ弦の張り方なんで、
指の動きが独特ですね!
こんなに弾きにくそうなのに、完璧に演奏しているところが凄いです!!

ファルセットヴォイスもなかなかに魅力的です♪

shoji lemieux さん、こんばんは。 * by SIN=KAI
このような弾き方をするレフティのギタリストは時々見かけますが、全部裏側に成る押さえ方は
右利きからすると妙な感じに見えますね。

手元に右利き用のギターしか無くて、自然と覚えた弾き方でしょうか。

ムードもジミヘンに重なる部分と、繊細さも持っていて広い表現力を感じます。

Comment-close▲

一発屋とは思わない♪69年の、ゲス・フー☆彡

   Wheatfield Soul   The Guess Who ブログを始めた頃に一度アップした事が有りましたが、ザックリと書いていてもう一度紹介をしたく成りました。年代ごとにムードが変わっていて、中々の面白いバンドでした。一番知られていたのは、「アメリカン・ウーマン」だけだったので、一発屋のイメージを持たれていそうです。前回の記事はコチラに。  https://fc2user314.blog.fc2.com/blog-entry-188.html今回は、1...

... 続きを読む

アメリカン・ウーマン * by 240
おはようございます。
ゲス・フー、確かアメリカン・ウーマンって1970年のヒットかと思うのですが、それまでに結構アルバムを発表していたんですね。しかもめちゃめちゃハードなサイケな音楽と思ったら、意外と美しい(笑)。
ゲス・フーのアルバムはじっくり聴いたことがないのですが、おススメはやっぱりアメリカン・ウーマンですかね。

240 さん、おはようございます。 * by SIN=KAI
このバンドは意外性を持った曲が色々と聞けて面白いですよ。

初期は沢山のカバーをやっていて、ビ-トルズにクリーム、ドアーズもカバーしていました。
その多様性を持った音楽性が、まとまりの無さにも繋がっていましたが、全体的にスタイリッシュです。

特にバラード曲は美しくて楽しめますが、ハードさだけを求めるとズッコケそうです(笑)
サブスクなんかで試聴されてから、お気に入りを探した方が無難ですよ。

声が魅力 * by slowhand
なつかしいバンドですね。アルバムは持って無いですが、「share the land」というシングルはあります。当時、ラジオで初めてこの曲を聴いて、vocalの声とかっこいい曲調に魅かれ、レコード屋に買いに行った覚えがあります。幅広い音楽性をもってたんですね。

slowhand さん、こんにちは。 * by SIN=KAI
ゲス・フーのシングルを入手されていたのは貴重ですね。
大きなヒットは少ない為に、一発屋のイメージを持たれた方が多く居たと思います。

結構、洗練されたムードを持っていてブルースロック系の曲も有りましたが、バラード曲は
全く違ったスタイリッシュさを持っていて、メロディアスな美しさが有りました。

SIN=KAIさんこんにちは! * by shoji lemieux
なんか面白いバンドですねー

1,3曲目では美しいバラードが聴けて、
かと思うと、2曲目は、ELPのようなプログレから始まり、
途中からはジェームスブラウンかと思われるようなリズムで、
けど、ヴォーカルはグレッグレイクみたいで、最後にはまたELP調で締めてくれるという。。

楽しませてもらいました♪

shoji lemieux さん、こんばんは。 * by SIN=KAI
このバンドは広く知られた曲が少ないので、ヒットした曲のハードロック系のバンドと思われがちです。

アルバムを聞くと美しいバラードや個性的でポップな曲も聴けて、多彩な面を持っていました。
カナダのバンドはイギリスからの影響が大きくて、アメリカらしさも持っている面白さが有りました。

Comment-close▲

英国では人気だった♪ジョーン・アーマトレイディングの4作目☆彡

     Show Some Emotion   Joan Armatrading以前、2度程紹介をしていた英国のシンガー・ソングライターですが英国以外では特に売れて居ない為か、日本では広くは知られていないアーティストかも知れません。  https://fc2user314.blog.fc2.com/blog-entry-1271.html  https://fc2user314.blog.fc2.com/blog-entry-442.html独学で音楽を学んだと言われていますが、繊細で知的なムードを持ちジョニ・ミッチェルを思い浮...

... 続きを読む

思い出した * by slowhand
すごくいいですね。バックがメチャ上手くてボーカルとの息もぴったりです。そういえば、この人のLP、一枚もってるなあと探しまくったらありました。「me myself i」というアルバムでした。クレジットを見ると錚々たるメンバー、ウィルリー、マーカスミラー、クリススペディング、ハイラムブロック、等々。また、ゆっくり聴いてみます。思い出させて頂いてありがとうございます。

slowhand さん、こんにちは。 * by SIN=KAI
「me myself i」は日本でも売れて、話題に成ったアルバムでしたね。

初期はポップでは有りませんが、ジャジーさが有って個性的なアレンジが印象的でした。
イギリスではデビュー時から注目されたシンガーでしたが、何故かアメリカでは余り売れていません。

ジョニ・ミッチェルに重なる凝った曲作りが、印象に残り難い面が有ったのでしょうか。

Comment-close▲

71年の5作目は売れていた♪割とポップな、ヴァン・モリソン☆彡

    Tupelo Honey Van Morrisson71年の5作目のアルバムでは、ドゥービー・ブラザーズのプロデュースで名前を知られた、テッド・テンプルマンを迎えて録音がされた。その為か土臭さの中にもポップさが垣間見えて、人気に成った作品でしょうか。ギターには、ロニー・モントローズが参加し、数曲でMJQのコニー・ケイがドラムを叩いていたのが意外ですね。伝承歌として有名な歌は陽気に歌われていて、後にボートラ...

... 続きを読む

SIN=KAIさんこんにちは! * by shoji lemieux
ヴァンモリソンさんって、確かコロナによるロックダウンで仕事を失ったアーティストに対して
支援活動だったか政府への反対運動だったかをしていましたよね。
影響力のあるアーティストさんという印象です。

マイナンバーカードのポイントゲットのため、健康保険証登録申請をしようとしましたが、
PCでは読み取り機が必要で、スマホも該当機種ではなかったので出来ませんでした(><)

市役所に確認をしたところ、セブンイレブンのATMで手続きが出来るそうです。
そんなこと聴いたこともなかったです(^^!)
本気で全員に登録させようと思っているのであれば、もっと簡単に出来るようにして欲しいですね!

shoji lemieux さん、こんばんは。 * by SIN=KAI
ヴァン・モリソンは昔から政治的なメッセージを出していたイメージが有って、信念をもっていそうです。

そうですね、手続きの煩雑さが有ってカードが広ろまらない面が有りそうです。
近所の区役所に行った時に、たまたま受付を見付けて運よく簡単に手続きを済ませました。

健康保険証として登録をしてから、銀行口座も紐づけておくと15,000円分のポイントが貰えると
聞いたので、また区役所に行く予定です♪

Comment-close▲

クリスマスを感じながら♪リラックス出来る、ジャズを☆彡

           RELAX  JAZZ11月に入りクリスマスツリーに明かりが灯り始めました。年末までのカウントダウンが始まった気分に成ります。そんな時は、ユッタリと聞けるジャズが良さそうに思えました。今夜は、穏やかな気分に成れそうなジャズを楽しんで下さい。まずは、ハービー・ハンコックの有名な曲から。Personnel: Herbie Hancock — piano   Freddie Hubbard — cornet Ron Carter — bass ...

... 続きを読む

初期のシングルを中心に♪ジェフ・ベックのヒット曲を辿る☆彡

                    JEFF  BECK前回は、ジェフ・ベックがヤードバーズを離れ、ロッド・ステュワートとのグループを結成してリリースしたデビュー作をアップしましたが、その時に発表された、シングル曲を取り上げてみます。オリジナルはイギリスのバンド、ジ・アタックの曲でしたが、ヒット曲では有りませんでした。まずは、特に目立たなかったオリジナル曲から。  The Attack - Hi Ho ...

... 続きを読む

SIN=KAIさんこんばんは! * by shoji lemieux
ジェフ・ベックは、「ワイヤード」しか聴いたことがなくて、
あまりよく知りませんでしたが、さまざまな奏法を駆使しているんですね。

特にアームを多用する奏法は、神バンドの故藤岡幹大氏も影響を受けているかもしれません。

フィンガー・ピッキングも複雑怪奇です(^^!)

shoji lemieux さん、こんばんは。 * by SIN=KAI
ジェフ・ベックは誰も真似が出来ない領域に達しているギターなので、全く別枠のギターでしょうか(笑)

アームの使い方も独特で、変幻自在なサウンドを生み出しています。
他のギタリストは、みんな一緒には弾きたがらないと聞きます^^;

ピックを使わない指弾きは、マジカルですね。

Comment-close▲

幻のデビュー作が出た♪1985年の、ウェイン・クランツ☆彡

  Wayne Krantz "Music Room 1985"今年の春に、幻と思われたウェイン・クランツのデビューアルバムが始めてCD化がされた。当時は、スムースなシンプルさが心地良くてリラックスさせてくれるサウンドが特徴的です。個性的なリフが次々と飛び出して来ますが、シリアスな緊張感は無く自由に泳ぎ回る魚を見ている気分に。今回は、此処から少しだけ。  Wayne Krantz   cowboy         https://youtu.be/UToBhB...

... 続きを読む

NYのファンキーなフュージョン☆彡トリオの、ウェイン・クランツ☆彡

     Krantz Carlock Lefebvreウェイン・クランツは、スティーリー・ダンやマイケル・ブレッカーと共演をしていたフュージョン・ジャズ系のギタリストです。スタイルとしては以前紹介をしていた、マイク・スターンと近いかも知れませんが、ややファンク色が強いでしょうか。誰もが好むサウンドでは有りませんが、割とポップさが出ていたと思う2009年の作品から、少し聞いてみて下さい。ファンクやジャズにロックが...

... 続きを読む

No Subject * by koko-hana
おはようございます
こちらの音はクセになりますね、ずっと脳内に響いていました。
昨日のデビュー作を聴いて同じ人なのかぁってなり、その辺のことは私には分からないのですが、このアルバムはずっと聴いていたくなります。
アルバム1曲目からかっこいいなぁ、ギターの音最高ですね。

koko-hana さん、こんばんは。 * by SIN=KAI
気に入って頂けたのですね、嬉しいです。

誰もが好むタイプのサウンドでは有りませんが、ヒップホップからジャズやロックまで混ぜ合わせて
刺激的なムードを出す処は、余り見かけないギタリストだと思います。

デビューの時から普通では無かったのですが、このアルバムは表現の幅が広がって魅力的です。
何処から、こんなイマジネーションが湧いて来るのか、凄いとしか言えません。

Comment-close▲